東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県で刑事事件専門の弁護士をお探しなら

渋谷青山刑事法律事務所

初回相談無料。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に対応

  • 0120-135-165

  • メール相談はこちら

弁護士費用について

初回の相談電話は無料

初回の電話相談は無料です。
お困りの際には,お気軽にお電話ください。

来所してのご相談は,30分毎に5,000円(税別)となります。
(ただし,相談時にご契約となった場合には,相談料は頂きません。また,ご契約後は,相談料不要です。)

料金表

弁護士費用について,事件の段階ごとに説明しております。
弊所では,刑事事件・少年事件に特化した弁護士の質の高い刑事弁護活動を適正な弁護士費用で提供しております。

用語説明

・着手金…弁護士に事件を依頼した際に発生する費用
・成功報酬…契約時に定めた成功条件を満たした時に発生する費用
(依頼を受けてすぐに費用が発生するものではありません)
・接見費用…警察署などに拘束されている被疑者・被告人と面会する費用
・公判日当…弁護士が裁判所に出頭することでかかる費用

捜査段階(事件が捜査機関にある段階)でかかる費用

(※ 以下,すべて税別表記です。)

捜査段階着手金
(初犯で,犯罪事実を争っていない在宅事件など)
¥200,000~¥300,000
捜査段階着手金
(身体拘束を受けている事件,重大事件や複雑な事件,犯罪事実を争っている事件の場合など)
¥400,000~
捜査段階成功報酬 (※1) ¥300,000~¥600,000
ご依頼いただいた場合の接見費用 ¥0
(遠方の警察署の場合には,接見費用を頂くことがあります。)
接見費用
(委任契約の前に,警察署に拘束された被疑者に会いに行く費用)(※2)
¥50,000 / 1回
(遠方の場合には,上記金額を超えることがあります)
自首同行費用 ¥100,000
(遠方の場合には,上記金額を超えることがあります)

※1 例えば,条例違反の痴漢事件(初犯)で起訴猶予による不起訴処分を獲得した場合,成功報酬は,300,000円からとなります。
※2 ご依頼いただいて,契約を結んだ場合には,基本的に接見費用はかかりません。

公判段階(起訴されて裁判を受ける場合)でかかる費用

(※ 以下,すべて税別表記です。)

公判段階着手金
(初犯で,犯罪事実を争っていない在宅事件など)
¥200,000~
公判段階着手金
(身体拘束を受けている事件,重大事件や複雑な事件,犯罪事実を争っている事件の場合など)
¥400,000~
保釈成功報酬 ¥100,000~
公判段階成功報酬 (※3) ¥300,000~¥600,000

※3 事案によっては,公判日当(1日20,000円~)をいただくことがあります。
※ 裁判員裁判の場合には,別途費用を相談させていただきます。

控訴審でかかる費用

控訴審については,事案の内容により弁護活動の内容も大きく異なりますので,依頼者と相談の上弁護士費用を決定いたします。
(自白事案であれば,控訴審の着手金は,400,000円(消費税別)からとなります)

その他の費用

交通費や書面の郵送費,事件記録の謄写費用などは,実費として請求させていただきます。

弁護士費用については,事件ごとに変わってくる部分がございますので,詳細につきましては,お電話でお気軽にお問い合わせていただければと思います。
上記では記載していない逮捕回避に向けた活動なども取り扱っておりますので,お電話でお尋ねください。

弁護士費用の具体例

被疑者が新宿駅構内で女子高生を盗撮したとして警察に検挙された在宅事件で,最終的に不起訴処分になった場合(捜査段階で終了する事案)

捜査段階着手金:200,000円
捜査段階成功報酬:300,000円
合計:500,000円
(※ 上記,すべて消費税別途)

被疑者が渋谷のセンター街で覚せい剤所持で逮捕され,その後起訴されて裁判が開かれたが(起訴後,保釈に成功),最終的に執行猶予判決になった場合(起訴されて,裁判にまでなる事案)

捜査段階着手金:300,000円
公判段階着手金:200,000円
保釈成功報酬:100,000円
公判段階成功報酬:300,000円
合計:900,000円
(※ 上記,すべて消費税別途)

他事務所と弁護士費用を比較される際の注意点

弊所では,基本的に上記で定めた料金表に則り,弁護士費用を決定いたします。
そのため,上記の基準と大きく異なる費用がかかることはございませんが,事務所によっては,着手金や成功報酬以外にも追加の費用がかかったり,予め一定の大きな金額を預ける必要があったりするところもございますので,その点も踏まえた上で,弁護士費用を比較していただければと思います。

また,渋谷青山刑事法律事務所では,刑事事件の経験と知識が豊富な弁護士が必ず対応することになりますが,弁護士の数が多い大手事務所や刑事事件に特化していない弁護士事務所では,依頼者が弁護士を選べないことも多く,高い弁護士費用を払ったものの,経験の浅い弁護士が事件を担当することもありますので,その辺りも踏まえて,ご検討いただければと思います。

0120-135-165

メール相談はこちら

初回相談無料。まずはご相談ください。