東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県で刑事事件専門の弁護士をお探しなら

渋谷青山刑事法律事務所

初回相談無料。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に対応

  • 0120-135-165

  • メール相談はこちら

解決実績・お客様の声

強姦被疑事件で,嫌疑不十分による不起訴処分(犯罪不成立)を獲得した事例

%e6%96%b0hp%e2%91%b1

<事例>
被疑者がインターネット上で知り合った女性を呼び寄せ,車内で強姦したとされた強姦被疑事件において,被疑者は任意の事情聴取の時点で強姦の事実はない旨供述していました。任意での事情聴取直後に,被疑者が当事務所の弁護士を弁護人として選任したため,弁護士が警察(神奈川県警)に対して被疑者を逮捕しないように要請していきました。その結果,被疑者は逮捕を免れることとなりました。
事件が検察庁に送致される前から,弁護士は被疑者の主張を警察に伝え,被疑者にも事情聴取におけるアドバイスをしていきました。そして,事件が検察庁(横浜地方検察庁)に送られてからも,弁護士が検察官に対して不起訴処分にするよう求めていきました。その結果,検察官はこちらの主張を聞き入れ,被疑者を嫌疑不十分を理由とした不起訴処分(被疑者が罪を犯したとする証拠が不十分であるとして,検察官が被疑者を起訴しない処分)としました。

0120-135-165

メール相談はこちら

初回相談無料。まずはご相談ください。