東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県で刑事事件専門の弁護士をお探しなら

渋谷青山刑事法律事務所

初回相談無料。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に対応

  • 0120-135-165

  • メール相談はこちら

解決実績・お客様の声

盗撮事案で,被害者と示談できなかったものの不起訴処分となった事例

%e6%96%b0hp%e2%91%ae%e8%a7%a3%e6%b1%ba%e5%ae%9f%e7%b8%be

<事例>
被疑者が駅ビル内のエスカレーターで女性のスカートの中を盗撮した東京都公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反事件(盗撮事件)において,捜査段階で弁護士が弁護人として付きました。弁護士は,検察官に対して,被疑者が反省していることを伝えたうえで,しょく罪寄附を行い,不起訴処分を求める意見書を提出したところ,検察官(東京地方検察庁立川支部)は,被疑者を不起訴処分としました。

<被疑者の声>
私の不祥事により大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。真面目な人間になってこの恩を返したいと思っております。
今回してしまった事を反省し,決して忘れることなく,二度とこのような犯罪行為を行わないと誓います。

0120-135-165

メール相談はこちら

初回相談無料。まずはご相談ください。