東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県で刑事事件専門の弁護士をお探しなら

渋谷青山刑事法律事務所

初回相談無料。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に対応

  • 0120-135-165

  • メール相談はこちら

刑事事件について

クレプトマニア(窃盗症)について

%e6%96%b0hp%e2%91%a6%e8%a7%a3%e6%b1%ba%e5%ae%9f%e7%b8%be%ef%bc%8c%e3%81%8a%e5%ae%a2%e6%a7%98%e3%81%ae%e5%a3%b0

万引きは常習性がある犯罪と言われています。当事務所に相談に来る方も,万引きを繰り返してしまった再犯の方が多いのが事実です。その中には,症状が特に酷く,自分の意思では万引きの衝動を制御することが出来ずに,日常的に万引きを繰り返してしまう方がいます。このような場合,精神疾患「クレプトマニア(窃盗症)」に罹患している可能性があります。

クレプトマニアの特徴としては,トラウマ体験があったり,日常的に過度のストレスを抱えていたり,合併症として摂食障害やうつ病等に罹患していたりする場合が多いです。特に,お金に困っているわけではないのに万引きをしてしまう,万引きをする際のスリルや万引きをした後の解放感を味わうために万引きを繰り返す,欲しくもない物を衝動的に万引きしてしまう,盗んだ物を使わずに溜め込んだり捨てたりすることがある,などの行動があれば,クレプトマニアではないかと思われます(これらの全てが該当するわけではなく,このような傾向があるという指標に過ぎません)。

当事務所では,依頼者がクレプトマニアに罹患していると疑われる場合には,専門の医療機関にかかることをお勧めしています。クレプトマニアに罹患している場合,本人がどれだけ反省し,二度と万引きをしないと心に誓ったとしても,自分の意思では衝動をコントロールすることが出来ずに,再び万引きをしてしまう可能性が非常に高いです。一方で,きちんと専門病院に通い,医師の指示に従って適切な治療を行っていけば,窃盗の衝動は抑えられ,再犯を防ぐことが出来ます。また,裁判の観点からも,被告人が専門病院に行き,医師からクレプトマニアであると診断された上で,再犯防止のための治療体制を整え,その治療により効果が出ているということを説得的に主張出来れば,裁判所としても,刑務所へ行かせるよりも治療を続けた方がいいと判断することがあります。

当事務所としては,被疑者・被告人の刑事処分を軽くするという目先のことのみならず,二度と万引きをしないために病気を治すという観点からも,専門の医療機関による治療を強くお勧めします。

 

<クレプトマニア治療の専門医療機関>

 下記の医療機関は,これまでに当事務所の弁護士が弁護活動の際に協力して頂いたクレプトマニア治療の専門医療機関になります。

 

東京都

 

群馬県

0120-135-165

メール相談はこちら

初回相談無料。まずはご相談ください。