東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県で刑事事件専門の弁護士をお探しなら

渋谷青山刑事法律事務所

初回相談無料。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に対応

  • 0120-135-165

  • メール相談はこちら

罪名別解説

公然わいせつ罪について

<公然わいせつ罪について>
公然わいせつ罪とは、不特定または多数の人が認識できる状態でわいせつな行為をすることです。公然わいせつ罪については、わいせつ犯罪の一つの類型として,刑法第174条で規定されています。
公然わいせつ罪は、他の性犯罪と比べて、被害者への身体的な接触がないことから、刑が比較的軽くなっています(強制わいせつ罪などと異なり,法定刑に罰金刑もある)。
なお、公共の場所で、身体の一部を露出した場合には、公然わいせつ罪が成立しない場合であっても、軽犯罪法第1条20号の身体露出の罪が成立することがあります。

<公然わいせつ罪に関する条文>
・刑法第174条
公然とわいせつな行為をした者は、六月以下の懲役若しくは三十万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処する。

・軽犯罪法第1条20号
第1条 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。
二十   公衆の目に触れるような場所で公衆にけん悪の情を催させるような仕方でしり、ももその他身体の一部をみだりに露出した者

公然わいせつ罪 6月以下の懲役,もしくは,30万円以下の罰金・拘留もしくは科料
身体露出の罪 拘留(1日以上30日未満の拘束)または科料(1,000円以上10,000円未満)

<公然わいせつ罪の具体的な態様,処分の傾向>
公然わいせつに当たる行為としては,路上で自己の性器を見せる行為や劇場などの場所でわいせつな行為を鑑賞させる行為などがあります。また,車の中から路上を歩いている人に対して自己の性器を見せ付けるような行為も公然わいせつ罪に該当します。実際に誰にも見られなかったものの,公衆の目に触れるような場所(公園やテーマパークなど)でお尻を露出させた場合には,公然わいせつ罪が成立しなかったとしても,軽犯罪法の身体露出の罪が成立します。
公然わいせつ罪の場合,余罪が複数あるケースも多く,このような場合には逮捕・勾留されてしまいます。公然わいせつ罪の場合,他の性犯罪と異なり,法的には被害者が存在しない形になります。しかし,実際上はわいせつな行為を見せられた人が被害者という扱いにはなりますので,わいせつな行為を見せられた人との示談が重要になります。初犯であれば,示談が成立すると,不起訴処分(起訴猶予)の可能性が高くなります。

<公然わいせつ罪の弁護のポイント>
公然わいせつの場合には,性嗜好に異常性がある場合が多いため,再犯防止を目的として専門の医療機関に通院するなどの方法(性嗜好障害の治療)が必要でしょう。そうすることによって,再犯可能性は減少させることができ,検察官の処分に影響を与えることになります。また,被疑者・被告人が公然とわいせつな行為をしたことによって,精神的被害を被っている人(行為の目撃者など)がいる場合には,その人に対して被害弁償をし,示談交渉していくことも重要です。場合によっては,示談の代わりとして,しょく罪寄附をすることも考えられます。
この種の犯罪は,余罪が複数あるケースも多いので,早い段階で弁護人が付いて,弁護方針を固めていく必要があります。被疑者の対応によっては,立件される事件の数が増えてしまい,公判請求されたり,判決で実刑判決を受けてしまったりしてしまいます。

0120-135-165

メール相談はこちら

初回相談無料。まずはご相談ください。