東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県で刑事事件専門の弁護士をお探しなら

渋谷青山刑事法律事務所

初回相談無料。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に対応

  • 0120-135-165

  • メール相談はこちら

罪名別解説

強制性交等罪について

<強制性交等罪について>
強制性交等とは、被害者の反抗を著しく困難にする程度の暴行・脅迫を用いて、性交,肛門性交(アナルセックス),口腔性交(フェラチオ)をすることです。強制性交等については、刑法第177条で規定されています(なお、被害者が泥酔状態等にあることに乗じて、性交,肛門性交,口腔性交をした場合には,準強制性交等罪で処罰されます。刑法第178条第2項)。
強制性交等を行った上で、被害者が怪我を負ったり、死亡したりした場合には、より重い罪となり(強制性交等致死傷罪,刑法第181条第2項)、裁判員裁判対象事件となります。

<強制性交等罪に関する条文>
・刑法第177条
十三歳以上の者に対し,暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処する。十三歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする。

・刑法第178条第2項
人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、性交等をした者は、前条の例による。

・刑法第179条第2項
十八歳未満の者に対し、その者を現に監護する者であることによる影響力があることに乗じて性交等をした者は、第百七十七条の例による。

・刑法第181条第2項
第百七十七条、第百七十八条第二項若しくは第百七十九条第二項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって人を死傷させた者は、無期又は六年以上の懲役に処する。

<強制性交等罪の具体的な態様,処分の傾向>
強制性交等罪は,強姦罪と異なり,男性も被害者になるため,男性の肛門や口腔に陰茎を挿入する行為も強制性交等罪が成立します。また,当然のことながら,女性の肛門や口腔に陰茎を挿入する行為も強制性交等罪が成立します。強制性交等罪は,よくニュースやドラマなどで目にする,深夜人気のない路上で男性が女性を襲い,レイプするという非常に悪質なケースもあります。しかし、よく警察沙汰になっていると感じるケースは、男性が家やカラオケボックスなどの室内に女性を引き入れて,そこで女性の同意がないのに性交してしまうというものです(女性が酔っているケースも多いです)。このようなケースは,男性側がそれほど悪いことと思っていない場合がありますが,このケースであっても,路上で女性をレイプする場合と同じように、強制性交等罪や準強制性交等罪が成立しますので、十分に注意する必要があります。特に、このようなケースでは,事件後の男性の女性に対する対応の仕方が悪かったがために,事件化されてしまうことも多いので,気を付けなければなりません。
強制性交等罪は性犯罪の中でも重い犯罪のため,逮捕・勾留される可能性が高くなります。また,被害者との示談ができなければ,公判請求される可能性がかなり高くなります。公判請求された後に関しても,被害者との示談ができなければ,裁判で実刑判決になる可能性が高いです。保釈に関しても,簡単に認められません。

<強制性交等罪の弁護のポイント>
強制性交等罪の場合には、被害者に与える肉体的・精神的被害の程度がかなり大きいため、被害弁償をした上で,被害者と示談することが必須になります(現在は親告罪ではないため,被害者の意思だけで不起訴処分になることはありませんが,示談できれば不起訴処分になる可能性が高まります)。強制性交等罪事案は,被害女性の加害者に対する感情がかなり厳しいものになっていますので,たとえ加害者と被害者が知り合いであったとしても,直接交渉せず,弁護士を間に入れて、被害者と交渉をしていくことがいいでしょう(逮捕されていない段階で,被害届を取り下げさせようと,被害者と直接交渉しようとすると,却って逮捕されてしまいます)。
また、事案の内容にもよりますが、この犯罪を行う被疑者・被告人には、女性に対する認知の歪みがある場合もありますので,そのような場合には,専門の医療機関に通院する必要(性嗜好障害の治療)があるでしょう。裁判においては,被告人の事件に対する反省もさることながら,再犯の可能性も大きく影響しますので,二度とこのような犯罪を起こさないような環境整備が求められます。

なお,強制性交等罪の否認事件の場合(そもそも性行為等がない場合,暴行・脅迫がない場合,被害者の同意がある場合など),被害者とされる女性の供述を弾劾していく必要がありますので,早い段階で弁護士を付けて,こちらに有利な証拠をかき集めておくことが重要です。また,被害者とされる女性との間にやり取りがある場合は,それをきちんと保存しておく必要があります。

 

0120-135-165

メール相談はこちら

初回相談無料。まずはご相談ください。