東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県で刑事事件専門の弁護士をお探しなら

渋谷青山刑事法律事務所

初回相談無料。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県に対応

  • 0120-135-165

  • メール相談はこちら

罪名別解説

強制わいせつ罪について

<強制わいせつ罪について>
強制わいせつとは、被害者の反抗を著しく困難にする程度の暴行・脅迫を用いて、わいせつな行為をすることです(被害者が13歳未満の男女であれば、暴行や脅迫がなくとも、強制わいせつ罪が成立します。)。強制わいせつについては、刑法第176条で規定されています(なお、被害者が泥酔状態等にあることに乗じて、わいせつな行為を行う準強制わいせつという犯罪もあります。刑法第178条第1項)。
強制わいせつを行った上で、被害者が怪我を負ったり、死亡したりした場合には、より重い罪となり(刑法第181条第1項)、裁判員裁判対象事件となります。

<強制わいせつ、準強制わいせつに関する条文>
・刑法第176条
13歳以上の男女に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の男女に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

・刑法第178条1項
人の心神喪失若しくは抗拒不能に乗じ、又は心神を喪失させ、若しくは抗拒不能にさせて、わいせつな行為をした者は、第176条の例による。

・刑法第181条第1項
第176条若しくは第178条第1項の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯し、よって人を死傷させた者は、無期又は3年以上の懲役に処する。

<強制わいせつ,準強制わいせつの具体的な態様,処分の傾向>
強制わいせつの行為態様としては,路上で女性を押し倒して胸や股間を触る行為などが典型例ですが,電車内での痴漢行為の中で悪質な態様のもの(下着の中に手を入れ,直接陰部を触る行為等)なども強制わいせつにあたります。また,女性の体に触れる行為でなくても,男性が女性に対して自己の陰茎を触らせるような行為は強制わいせつになります。なお,被害者が幼い子どもであった場合には,被害者が成人である場合に比べて,強制わいせつ罪が認められる範囲が広くなる傾向にあります。
準強制わいせつの行為態様としては,合コンやサークル,会社の飲み会などで,異性が泥酔してしまったことに乗じて,相手の胸や陰部,お尻,太ももなどを触る行為があたります(強制わいせつも準強制わいせつも夜遅い時間帯に発生することが多いです)。
強制わいせつ罪(準強制わいせつ罪も含む)は、痴漢・盗撮の場合(条例違反の場合)と比べて、刑が格段に重くなっています(懲役刑が6月以上10年以下,罰金刑なし)。条文上,強制わいせつには罰金刑が規定されていませんので、検察官が起訴するまでに被害者と示談できなければ,起訴(公判請求)されてしまいます。逆に,被害者との示談ができれば,不起訴処分の可能性が高まります。また,被疑者の身柄拘束の点でいえば,強制わいせつ罪の場合,逮捕・勾留される可能性が条例違反の場合に比べて高くなってしまいます。

<強制わいせつ,準強制わいせつの弁護のポイント>
強制わいせつの場合には、被害者に与える肉体的・精神的被害の程度が痴漢や盗撮よりも大きいため、被害弁償や被害者との示談が重要になります。そして,上記でも述べたとおり,被害者との示談が成立しないと起訴されてしまいますので,弁護士を通して、被害者との示談交渉を早期にしていくことが重要になります。また、わいせつ行為の内容にもよりますが,性嗜好障害などの疾患が疑われる場合には,専門の医療機関に通院して治療して行く必要もあるでしょう。
強制わいせつの否認事件の場合には,多くの場合で被害者との間に同意があったか否かが争われることになると思いますので,事件当時の被害者とのやり取り(メールやLINEなど)などをしっかりと記録しておくことが重要です。強制わいせつの事案では,女性からの被害申告があった場合,警察が積極的に動く傾向にありますので,たとえ自分としては同意があったと確信しているような場合であっても,早い段階で弁護士に相談することが望ましいです。そして,こちらの主張を裏付ける証拠を早期に収集して行くことが重要です。

0120-135-165

メール相談はこちら

初回相談無料。まずはご相談ください。